おすすめ退職代行ランキング

退職代行を弁護士に依頼するメリットと3つのデメリット

暗い部屋でパソコンを見る男性

このページでは、「退職代行サービス」と「弁護士」の違いについて解説しています。

残念なことにここ最近、仕事を辞めたくても辞められないというケースが問題視されています。そんな現代に登場したのが退職代行(たいしょくだいこう)なるサービス。

この“退職代行”は、退職代行サービス会社に依頼することができますが、それ以外の方法として弁護士に依頼するという選択肢も。では、退職代行を弁護士に依頼するメリットとは一体何なのでしょうか?

今回は、退職代行サービス会社と弁護士それぞれに依頼するメリットとデメリットについて考えていきたいと思います

今日はもうダメかも…

落ち込む男性

仕事に行きたくない…。行かなきゃいけないのは分かっていても「心」と「身体」がついていかない…。そんな時は会社に嘘をついてでも休みをとるべきだと思います。

上司や周りの人間はあなたの休みを快く思わないかもしれませんが、あなたの状態はあなた自身が一番わかっているはずです。精神を削られ過ぎて立ち直れなくなる前に対処しましょう。

もうどうしても会社に行くのが嫌なら退職を検討するべきでしょう。もしも自分の口から言えないのであれば「退職代行サービス」を利用してください。あなたの強い味方になってくれるでしょう。

退職代行と弁護士どちらに依頼する?

比較する女性

第三者の力を借りて退職したいとき、退職代行サービス会社に依頼するか?弁護士(法律事務所)に依頼するか?どちらを選ぶのがベストなのでしょうか。

これについては両者の特徴が違うので、自分の状況や依頼内容によって変わってきます。

退職代行サービスは基本的に、「退職します」という意思表示を会社に伝達するだけのサービスです。

それに対して、弁護士は有給消化や未払い給与の交渉まで行います。必要あればパワハラ・セクハラの損害賠償請求といったことも相談することも可能。ですから、自分が退職代行の依頼をするうえで、どんな状況なのか?どんな依頼をしたいのか?によって相談先を決めることになるわけですね。

とおるくん

そうか!自分がどうしたいかによって、退職代行サービスに依頼すればいいのか弁護士に相談すればいいのかが変わってくるんだね。
交渉しなくてOK!とにかく穏便に辞めさせてもらえればそれでいい!という場合は、退職代行サービス会社への依頼でいいのね。

ゆかりちゃん

弁護士に依頼するメリット&デメリット

弁護士バッヂ

退職代行を弁護士(法律事務所)に依頼するメリットとデメリットについて、具体的に見ていきましょう。

メリット

弁護士に相談するメリットが以下です。

依頼できる範囲が広い

最も大きなメリットが依頼できる範囲が広いということ。例えば退職に際して以下のような問題を抱えている場合、退職代行サービス会社は対応してくれませんが、弁護士なら対応可能です。

弁護士ができること
  • 有給消化分の給与支払い請求
  • 不払いになっている残業代の請求
  • 最終月の給与の交渉
  • 退職金の請求
  • ハラスメントに対する慰謝料請求
  • 会社から損害賠償請求された時の対応

上記のような、いわゆる会社との交渉が必要な依頼については弁護士しか対応することができません

例えば退職代行サービスに依頼したものの、あとあと有給消化や退職金請求などの交渉が必要になってくるようなケースもあるでしょう。そういった場合、退職代行サービス会社では対応ができないので、結局は弁護士を頼ることになります。

弁護士であればまとめてお願いすることができるので、手間がありません。

お金がもらえるかもしれない

例えば未払いになっている給料や不払いの残業代がある場合、また余っている有給休暇の買い取りを希望する場合やセクハラ・パワハラといったハラスメントの事実がある場合、弁護士に依頼して交渉・慰謝料請求をすることで、まとまったお金が手に入る可能性があります。

結果的にお金がもらえた場合、もちろん金額にもよりますが弁護士費用を帳消しにできることだってあるでしょう。

退職に関する書類の用意が不要

退職代行サービスに依頼した場合、退職はできますが基本的にサービスはそれまでです。

会社側に「必要書類を依頼者宛に郵送してほしい」というようなお願いくらいはしてくれるでしょうが、必要な書類の作成は基本的に依頼者本人が行うことになります。

しかし弁護士であれば離職票や退職証明書といった書類作成のアドバイス、また場合によっては作成代行もしてもらえるので、手間の面でもメリットは大きいでしょう。

デメリット

弁護士に退職代行を依頼するデメリットを紹介します。

費用が高額

退職代行を弁護士(法律事務所)に依頼する最大のデメリットは、依頼費用が非常に高額だということです。

弁護士費用については、以下のようになっています。

項目相場支払い時期
相談料5千~1万円
/時間
相談時
着手金10万円~依頼時
報酬金
(成功報酬)
10~20%終了後
・実費
・手数料
・日当
・時間制報酬
事務所により異なります
※法律事務所によって上記と異なる場合あり

まず相談料がかかり、加えて着手金、報酬金(成果報酬)、また手数料や日当などが段階的に加算されます。交渉なしの退職代行を安価で受けている弁護士もいますが、交渉も…となればかなりの金額に。

料金体系は相談する法律事務所によって異なってきますし、相談が無料というところもありますが、やはり弁護士に退職代行を依頼するまとまった費用がかかると考えられるので、この料金が支払えるかどうかというのが第一関門になってきます。

一方退職代行の相場は30,000~50,000円というところ。特に交渉の必要がなく、ただただ穏便に今日で退職したいというような場合なら、退職代行サービス会社がおすすめ。負担は圧倒的に小さくて済みます。

即日対応が難しい

最近は、即日対応(相談した日の退職代行)が可能な弁護士も出てきているようですが、まだまだ即日の対応が難しい弁護士が多いので、依頼してから退職代行を実行してもらえるまで、しばらく待たなくてはいけない場合があります。

でも今すぐ退職したくて退職代行の相談をした人にとって、ただの1日だって出勤するのは困難なことでしょうから、即日退職を希望するのであれば退職代行サービスを利用するほうが良さそうです。

依頼できる弁護士が少ない

インターネットで調べてみると、退職代行に対応している弁護士(法律事務所)は複数ありますが、まだ数が少ないのが現状です。

今後、需要の膨らみによって対応してくれる弁護士が増える可能性は考えられますが、現時点で依頼したいと考えたとき、なかなか退職代行の相談ができる弁護士が見つからないということもあるでしょう。

その点、退職代行サービス会社であれば基本的に退職代行メインのサービスですから、いつでも引き受けてくれるはずです。依頼先の探しやすさで考えると、退職代行に軍配が上がります。

ゆかりちゃん

弁護士に依頼するって、結構な金額がかかるイメージよね。例えばパワハラの損害賠償請求で依頼費用をカバーできるならいいけど…ただ辞めるだけなのに高額な費用を支払うのは難しいかも。
確かにね。十分な貯蓄があれば費用を捻出できるかもしれないけど、例えば社員が辞めたいと思っても辞めさせてもらえないようなブラック企業だと、お給料もそんなに多くもらえていないケースも多いよね。

とおるくん

退職代行に依頼するメリット&デメリット

スーツの男性

次に、退職代行サービスに依頼をするメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。弁護士(法律事務所)に依頼するときのメリット&デメリットと比較して、依頼先を決めるようにしてくださいね。

メリット

まずはメリットについて紹介します。

費用が安い

ブタの貯金箱

一番のメリットは、退職代行サービスの費用(サービス料金)の方が圧倒的に安いということです。

退職代行サービスの相場は30,000~50,000円ほど。弁護士に依頼する場合に想定される数十万円という金額と比較すると、かなり安いですよね。

退職代行は弁護士のみ可能な交渉ができないものの、その分だけ価格がかなりリーズナブルになっています。また最近の需要の高まりを受け、退職代行サービス会社が増えたことで値下げ傾向にあるのも利用者にとってありがたいことでしょう。

30,000~50,000円のお金ならなんとか捻出できそうですし、転職して頑張ればすぐに稼げる金額ですよね。

本来、退職はお金をかけずにできること。それができないような会社だから、利用者も仕方なくお金をはたいて依頼しようと考えるわけです。お金を払ってでも辞めたいような職場なのですから…正直、料金は安いに越したことはありません。

あまり大きな額が用意できない人にとって、退職代行サービスの料金設定は魅力的なのではないでしょうか。

即日退職も可能

急ぐ男性

多くの退職代行サービスは即日対応しています。

依頼したその日に退職代行を実行してくれる。多くの場合、退職代行サービス会社が連絡を入れたそのタイミングから、もう会社に出勤しなくても良いのです。

これは「もう1日だって会社に行ける精神状態ではない」「上司の顔を見ると思うだけで胃が痛くなる」…こんな限界状態の人にとってかなりのメリットだと思います。

早朝・深夜対応している退職代行会社や、24時間対応の退職代行会社もあるので、自分が壊れてしまう前に相談するようにしてくださいね。

退職代行専門のサービスである

退職代行サービス会社は、基本的に退職代行を専門としています。

退職代行サービス会社のインタビューなどを見ると「10社に1社くらいは怒鳴られる」「理不尽な理由を並べて退職を認めない会社もある」といった事例もあるようですが…そういった少々手強い相手であっても、経験を活かしながらしっかりと解決してくれます。

想定される相手の反応に対して、どう切り返すのがベストか?というノウハウを持っているので、結果的にトラブルに発展せず、会社側に納得してもらえたというケースがほとんど

退職代行サービスを専門にしているからこその強みを持っているのです。

とおるくん

特に「安さ」と「即日対応」は、どちらもかなり重要なことじゃない?1円だって1銭だってかけたくないっていうのが本音だけど…辞めたいのに辞められないような会社なんだもんね。
本当よね。正常に機能している会社だったら、辞めるのにこんなに苦労しないものよ!もちろん交渉する必要があるなら弁護士じゃないと無理だけど、そうでないなら退職代行サービス一択でいいんじゃないかしら?って私は思うけどね。

ゆかりちゃん

とおるくん

退職代行専門なんだしね!実際、退職代行サービスで退職成功している人は多くて、体験談を見ても評判は上々。退職代行を選んでもトラブルはなさそうだよね。体験談をチェックすると退職代行サービスのことがもっとよくわかるはずだ!
タイピングする女性 【退職代行サービス体験談】実際に使ってみた利用者の感想

デメリット

退職代行サービスのデメリットについて考えていきたいと思います。

交渉することは絶対不可

退職代行サービスの一番の弱みといえるのが、交渉ごとができないということ。

未払い給与の請求やハラスメントの慰謝料請求などは対応することができません。

最近人気の退職代行サービスであれば、必要に応じて提携している弁護士を紹介してくれるので相談をすることは可能だと思いますが、結局解決のためには別に費用が発生します。

ただ、言い換えれば「交渉が不要なら退職代行サービスでも十分」ということですよね?退職代行サービスはただ「退職したい」という依頼者の意思を会社に伝達するだけのサービスですが、トラブルなく穏便に退職できたらそれでいい、という場合はかなり頼れる存在だと思います。

悪徳業者が紛れ込んでいる可能性あり

まだまだ退職代行サービスという業界自体、小規模ではありますが、今の動向を見ていると恐らく今後も需要が拡大し、退職代行会社も増えてくることが予想できます。

そうなると心配されるのが悪徳業者の登場です。

まだ悪徳業者に関する口コミはほぼないようですが、悪徳業者の場合、依頼してお金も振り込んだのに結局は退職できなかった、途中から連絡が取れなくなった…こういった詐欺まがいのトラブルが起きてしまうことも。

したがって退職代行会社に依頼すること自体は悪くないと思いますが、とにかく退職代行サービス会社を選ぶときだけは十分慎重に。複数の会社に相談してから決定するようにしてください。

とおるくん

退職代行で失敗するという事は業者選びに失敗しているということだね。下の記事に退職代行サービスの失敗のリスクと回避策についてまとめておいたよ。間違っても詐欺になんかあわないようにね。
悩む男性 退職代行で失敗する6つのリスク!例とトラブル回避策、詐欺被害は?

退職代行&弁護士の比較一覧表

退職代行サービスと弁護士(法律事務所)を一覧表で比較してみました!

項目退職代行弁護士
費用3~5万円が相場数十万円かかることもあり
即日対応可能できない場合も多い
相談無料5千~1万円
(無料の場合もあり)
退職代行の実績
交渉×
※サービス会社・法律事務所によって上記と異なる場合あり

ゆかりちゃん

交渉が必要な場合は、弁護士事務所への依頼が必須ってことよね。問題は交渉が不要な場合にどちらに依頼するかってことだけど…私なら退職代行サービスかな。
そうだね。やっぱり料金がこれだけ違うと、退職代行サービスを選んじゃうよね。数十万円なんて、正直イヤな会社を辞めるために使いたくないもんなぁ。

とおるくん

退職代行は非弁行為?弁護士法違反にならない?

退職代行が非弁行為(弁護士ではない人が報酬をもらって代理で交渉をすること)だという指摘もあるようですが、基本的に「伝達する行為」だけをしているぶんには違法性はないと言えます。

そこを飛び越えて交渉してしまえば当然ながら違法ですが、真っ当に営業をしている退職代行サービスであれば、提携している弁護士・顧問弁護士がついているので、どこまでがOKか把握しているはず。

また必要に応じて弁護士への相談を促してくれるので、心配は無用です。

むしろ弁護士法違反になるような、交渉までOKと言ってくるような退職代行サービス会社は危険ですから、依頼をするのは控えておくべきでしょう。

とおるくん

退職代行サービスは弁護士とは違い交渉は不可能なんだよ。だから交渉まで出来るという業者のいう事は信じちゃいけないんだ。次の記事では退職代行は非弁行為や違法性について詳しく紹介!弁護士法違反にはならないの?
六法全書 退職代行は非弁行為で違法?弁護士法違反にはならないの?

弁護士運営の退職代行もある!

最近、退職代行サービスの人気を受けて、弁護士(法律事務所)が比較的リーズナブルな料金で退職代行を行うケースも少しずつ増えてきました。

そういった弁護士が運営する退職代行であれば、万が一交渉が必要になった場合もそのまま対応してもらえるのでメリットはあると思いますが、ひとつ覚えておきたいのが「交渉については別料金」ということ。

したがって交渉してもらう場合は数十万という弁護士費用が発生してしまうのです。

結局のところ、退職代行サービス会社を利用しても、弁護士運営の退職代行を利用しても、あまり大きな差はないというのが実情です。

もちろん手間やサポートの面で、一ヶ所にお願いしたほうが安心感はあるかもしれません。

しか弁護士運営の退職代行の場合、対応時間が限られていて24時間営業しているところは恐らくゼロか、あったとしてもごく少数かと思われるので、いつでも相談可能という点では退職代行サービスのほうが便利かもしれませんね。

交渉ナシなら弁護士不要!退職代行サービスを利用しよう

本ページを読んで、退職代行サービスと弁護士(法律事務所)の違いが明確になったと思います。

どちらもメリットとデメリットがあるので、そこをしっかりと理解したうえで最終的にどこに依頼するかを決定すれば良いと思いますが…結局のところ弁護士が必要になるのは会社との交渉が必要な場合。

交渉が必要でなければ退職代行サービスを利用したほうが金銭的な負担が小さく、即日会社を辞めることができるのです。

退職代行サービスの多くは無料で相談に応じてくれるので、ひとまず相談してみるのもアリですね。対応ができるかどうかは無料相談で教えてくれると思うので、直接聞いてみるのが手っ取り早いと思いますよ。

とおるくん

退職の際に交渉が不要、トラブルなく退職できればそれでOKという人は退職代行サービスを検討しよう!利用者が多いおすすめの退職代行サービスは下の記事で紹介しているよ。
退職代行サービス業者おすすめランキング 【令和元年おすすめ退職代行サービス】ランキング厳選10社!評判比較
弁護士以外にも司法書士や行政書士が退職代行を受けているケースがあるみたいだけど、どう違うのかしら?次の記事では、司法書士や行政書士に退職代行を依頼するメリット・デメリットが分かるわよ!

ゆかりちゃん

スーツの男女 【司法書士&行政書士】退職代行を依頼しても無駄?交渉は不可能?